今週の野菜情報

2017年10月3回(41週) 配達日 10月16日(月)~10月20日(金)

◆このページでお伝えする情報は、関東・甲信・東北・東海地方の生活クラブ連合会会員生協が、配送組合員向けに供給する青果物の情報です。
北海道・関西地方の組合員のみなさまは、ご所属の各生協がお伝えする情報をご参照ください。
各地の生活クラブのウェブサイトはこちらから

eくらぶ(WEB注文)では、出荷している産地を全て表示しています。なお、産地情報は、作成時点での予定産地ですので、生育状況などにより配達時に変更になる場合がありますのでご了解ください。

★事故報告についてお願い
配達された当日に農産物の確認を行なってください。傷み、腐れ等を発見した場合、各配送センター等にご連絡をお願いいたします。その際、生産者グループ名を報告していただいていますが、該当の生産者名(個人名)がわかる場合は、より該当生産者の事故拡大を防ぐことになります。誠にお手数ですが、できるだけ生産者名も報告してくださいますようお願いします。

配達変更のお知らせ

欠品のお知らせ

10月3回の欠品情報はありません

配達延期品のお知らせ

10月3回の延期情報はありません

量目規格変更のお知らせ

10月3回の規格変更はありません

 

ページの先頭へ戻る

欠品の可能性について

農産物NEWSに記載のない品目・配達日・配達センターにおいても追加欠品が発生する可能性があります。農産物NEWS記載以外に欠品が発生した場合や、そのほかトラブル(道路事情による延着)の発生などによる急な欠品の場合には ピック袋にニュースが入りますのでご確認ください。

ページの先頭へ戻る

「食べるカタログ」産地記載方法について

  • 掲載スペースの制約から、生産者名は略称とし、出荷計画量上位5産地を表示しています。
  • 「食べるカタログ」記載産地以外の生産者の野菜・果物をお届けする場合があることをご承知おきください。
  • 略称名一覧表は「食べるカタログ」10月3回(41週)の6ページをご覧下さい。

ページの先頭へ戻る

今週のお届け品から...

天候不順の日々が続いており、農産物にとっても非常にきびしい環境になっています。届いたものはそのままにせずに、当日に袋から取り出して状態を確認後、冷蔵庫などへしまってください。
組込時の検品で問題なくとも、お手元に届くまでの間に傷み腐れが進行してしまう場合があります。その際はできるだけ早く担当配送センターまでご一報お願い致します。

芋類につきましても乾燥しにくい気候が続いていますので、届いた後、袋から取り出し保管お願い致します。
また、傷みやすい時期ですので、お早めにお召し上がり下さいますようお願い致します。

今週の飯能DC組込み品

『10月3回(41週)の対象品目』

はればれ育ち馬鈴薯700g
はればれ育ち馬鈴薯1.5kg
はればれ育ち馬鈴薯3kg袋
はればれ育ち玉ねぎ700g
はればれ育ち玉ねぎ1.5kg
はればれ育ち玉ねぎ3kg袋
はればれ育ちかぼちゃ1個
の7アイテムです。

 

今後のお届け品から...

*OCR表記は表示可能字数の関係で省略されています。ご注意ください。

 全農補完品目の出荷産地
(食べるカタログ、eくらぶで情報作成後に追加された産地)

『きゅうり』
 JAみちのく村山【山形県】、JA江刺【岩手県】
『トマト』
 JAつがる弘前【青森県】、JAようてい【北海道】
『ミニトマト』
 JA新おたる【北海道】
『サニーレタス』
 JA岩井【茨城県】
『レタス』
 JA茨城むつみ【茨城県】
『にら』
 JA新ひたち野【茨城県】、JAしおのや【栃木県】
『ブロッコリー』
 JA福島さくら【福島県】、JA東西しらかわ【福島県】
『キャベツ』
 JA新いわて【岩手県】、JA十和田おいらせ【青森県】
『セロリ』
 JA松本ハイランド【長野県】
『小松菜』
JA茨城旭村【茨城県】
『大葉』
 東三温室園芸農協【愛知県】
『白菜』
 JA常総ひかり【茨城県】
『里芋』
 JAいるま野【埼玉県】
『いんげん』
 JAこまち【秋田県】、JA鶴岡【山形県】、JA鹿児島きもつき【鹿児島県】
『かぶ』
 JAゆうき青森【青森県】
『レンコン』
菜々屋【徳島県】
『ごぼう』
 JA十和田おいらせ【青森県】
『細ねぎ』
 JAとぴあ浜松【静岡県】
『大根』
 丸八出荷組合【千葉県産】
『長ねぎ』
JAあきた白神【秋田県】

【レンコン】産地情報
菜々屋【徳島県】

菜々屋は徳島県の若手生産者が集まった生産者組織です。農家自らが作物の魅力を伝えることを理念にしています。
レンコンは、吉野川下流域を中心に生産しています。独持の香りと色が白く、ホクホクとした食感が特徴です。収穫は、水田の水が干上がった状態の泥の中を専用の鍬で掘り起こし、つけ根からていねいに掘りとる方法を行っています。

【ゆず】産地情報
JAちちぶ(くってんべぇ)【埼玉県】

JAちちぶ「食ってんべぇ」のゆず生産者は現在2名。秩父盆地が一望できる秩父市北部にある破風山(はっぷさん)の中腹、標高約400mの斜面に400本余のゆず園が有ります。秋には雲海も望める、寒暖差が大きい気候の為、果肉が厚い実に育ちます。急斜面での除草作業、枝のトゲで果実がキズつかない為の整枝・摘果作業など農薬を使わず丁寧に育てています。5月下旬に開花して着実し、やっと色付き、収穫の時期となりました。
今期のゆずは、大きな天候不順もなく、このまま順調にいけば予定通りの出荷が見込めそうです。ゆずはお風呂に入れるだけではなく、果汁を搾って、お好みの量の醤油を加えて、オリジナル「ポン酢」に。果肉を細く切り、じっくり煮込めば「ゆずジャム」に。種は干してから、35度の焼酎に浸して置けば、「化粧水」として利用出来ます。無農薬で栽培した安心・安全な私たちの「ゆず」を是非ともお試し下さい。

【はればれ育ち大根】産地情報
月山パイロットファーム【山形県】

月山パイロットファームではこの間加工用大根の栽培はしてきましたが、この度初めて「はればれ育ち大根」の取組を行うことになりました。 
排水が極めて良好で灌水も自動化された砂丘畑の合計20アールに青首大根の代表的品種の「耐病総太り」という品種を8月下旬に播種しました。堆肥、鶏糞等を使用し土づくりを行い、除草剤を使用せずにスタートし殺菌剤、殺虫剤も慣行より減らす努力をしました。
苦労した点は雑草対策です。間引きの時の手培土、手除草に加えて畝間の中耕培土を行い雑草を最小限に抑えました。
今年は天候不順の影響で生育が遅れていますが、11月に入ると徐々に収穫ができるようになります。
月山パイロットファームとしてはこの取組結果次第では営農の大きな改善につながることを期待してがんばります。

【あっぱれ育ち里芋】産地情報
栃木県開拓農協:金丸原野菜生産部会【栃木県】

金丸原野菜生産部会は栃木県北部の大田原市(旧湯津上村)で野菜を生産している部会です。あたり一面に広々とした丘陵地、牛舎や牧草畑があり雄大な風景が広がっています。
今回、出荷開始するあっぱれ育ち里芋は、農薬は一切使用しておりません。また、肥料は近隣の酪農家、肥育農家からの堆肥を利用。部会全体で地域循環型農業に取組み、環境にやさしい農業を目指しています。
夏の天候不順で生育が心配されましたが、秋は天候に恵まれ、肥大した良質な里芋を多く収穫しています。
  食感は「ふわっと、ねっとり」、コクと旨みがある里芋をお届けいたします。お楽しみください。

【あっぱれ育ちほうれん草】産地情報
野菜くらぶ(群馬)【群馬県】

野菜くらぶの「あっぱれ育ちほうれん草」は群馬県昭和村で栽培しています。
近年の日照不足や大雨の影響で畑で捨てることが多かったのですが、ここにきて順調に育っています。
天候に負けないようなほうれん草を育てる為に 有機圃場ではミネラル優先で窒素成分を極力減らした土づくりを心掛けています。
また土壌分析を行って畑の状態を常に把握してほうれん草が健康に育つように日々向き合っております。
昼夜温の差で甘味も増した「あっぱれほうれん草」です。どうぞお召し上がりください。

 

◎「あっぱれ育ち野菜・はればれ育ち野菜」は、天候等の影響により必要数量を確保できない場合は、当初企画以外で代替供給する場合があります。その場合は「農産物ニュース」でお知らせします。

ページの先頭に戻る